SSブログ
前の10件 | -

スバルR1 プラグコード純正戻し [自動車]

梅雨明けなのか、豪雨が少し続いて居ます。

スバルR1で雷雨の豪雨の中を走行中、少しエンジンがもたつき。
用事を済ませ帰路は症状がさらにひどくなり、明らかに点火系のリーク。
ボンネット開けるとプラグキャップ周辺も濡れていますが、どうにもならないので(工具がなければキャップも外せません。作業できる車載工具は積んでますが、なにせ豪雨)少し余熱で乾くのを待って帰宅。

以前に点火系の経年劣化によるディーラー工場での修理で、永井電子のシリコンコードに交換していましたが、同時に純正コードも予備で持っていたので、夜に自宅で交換。

案の定プラグホール内に水溜まってました。 エアで吹いて掃除兼ねて乾燥。
純正プラグコードに戻します。

2.jpg

外した永井のプラグキャップを見ると、先端部(プラグ側)の膨らんでいるあたりが、純正のものより小さく、プラグホールに接触してる形跡がありません。
根元のシールのためのリップ部も弱く、純正に比べると防水性が高い様子はありません。
1.jpg

実は、この青いコードに交換した時点で、雨天時のリークのため既に生産は終わっていました。
R1のエンジンルームの形状もあって、相性は良くなかった様です。
ということが頭に残ってましたので、純正交換で作業完了。
冷静に見ると、純正プラグキャップは防水性に余裕があり、ブリーザーも付いていて温度変化で水を吸い込むことも防いでいます。

シリコンゴムと、純正の普通の黒いゴム、シリコンの方が柔軟で高品質に見えますが、温度の高い場所などではシリコンゴムの耐久性は意外に低いケースもあります。
はからずしも実証実験となりました。

換えればいいというものでもないものがありますね。

トリシティ155 タイヤ交換 [モーターサイクル]

トリシティ155のタイヤ、純正でIRCを履いていますが、まだ山はあるもののうろこ状の偏摩耗が大きくなり、高速道路の安定性が少し低下したこともあり、交換。

125の時は、純正がマキシスで後にIRCのモビシティが発売になり使用していますが、今回BSのバトラックスSCに適合サイズがあることがわかり、いつもの単車屋さんにお願いし交換していただきました。今回はバルブ交換とバランス調整(バランスは今まで自分で取っていましたが、分解ついでに)も行っています。

1.jpg
2.jpg

前後同時交換です。リアは真ん中がかなり摩耗。(仕事で市街地での使用がメインのため)サイドは結構残りはありますが、センタースタンドが接地するため端まで接地することはありません。
ブレーキ頻度が多いためフロントの偏摩耗は仕方ないでしょう。

初期型トリシティ125で見られたフロントの外と内側の摩耗の差は155では(現行125もだと思いますが)アライメントが違うのかほとんど気にならなくなりました。

交換後の短時間の走行では路面からのあたりが柔らかくなった気がしますが、これがIRCとBSのゴム質の違いなのか、新しいからかはまだ不明です。
選択肢があるのは良いですね。

OMP M2 ジャイロ交換 [模型]

OMPのM2を入れたエアウルフもどきは意外に良く飛びますが、ホバリング時にハンチングが少し出ます。
M2-V1のジャイロは、6軸と3軸の切り替えのみで、ジャイロ感度等は一切触れません。
ホネで飛ばすには、これで何も問題ないくらい熟成されていて、この種の3Dヘリでは異様なくらいホバリングの座りも良好です。
ただ、少し重めのボディに入れた場合主にロール軸にハンチングが出ます。

M2-V2ではジャイロの設定が変更できるジャイロになっています。
普段飛ばしているV2はこちらのジャイロですが、ホネで飛ばす限り特に設定を触る事も無く、アジリティを少し下げておとなしくしている程度です。

このV2用のジャイロユニットがBanngoodで売られているのが見つかり、注文。
昨年のコロナ感染始まりの頃に、M2用のリンケージロッドを頼んで半年かかったのが嘘のように順調に届きました。

クラブ飛行場は緊急事態宣言解除まで閉鎖なので、それまでの空いた時間に交換。

2.jpg
セミスケールのボディですが、競技ヘリの様なフレーム固定ですので、フレームの脱着は簡単です。
ジャイロと一緒に両面テープも注文しましたので、普通に載せ替え。

手持ちのM2-V2は国内代理店から入手しましたので、そちらに付属していた説明書を見ながら初期設定。
ジャイロ感度はエルロン・エレベーター・ラダー、それぞれ9段階で設定できます。
エレベーター少し下げ、エルロンもう少し下げに設定。
6軸モードのトリム補正も、飛ばしながら直感的にできます。

1.jpg
ジャイロ交換は大正解でした。ハンチングは完全に解消。セミスケールではありますが、スケール風フライトに合わせた動きにジャイロも設定しましたので、良い感じに飛びます。

OMPのM2、けっこう気に入っています。
ラダーのジャイロは今回何も触っていませんが、テールの音が気になるようなら少し感度下げても良いのかもしれません。

OMP M2にエアウルフのボディ [模型]

アリババでOMPホビーのM2用のボディ(エアウルフ)を見つけました。
詳細は不明でしたが、どうもアラインのT-REX250用で出ていた物の流用に思えます。

M2のV2も入手し、初期モデル(ジャイロの調整ができない初期のもの)が出番が無くなっていたこともあり、ものは試しで購入しました。

すぐに届いたのですが、本業や雑用が忙しくなってなかなか手が着かなかったのを、やっと作業開始。

1.jpg

画像で見るとあっさりですが、T-REX250用だけどM2も乗りますよ程度に理解した方が良いです。
V2になってスキッドが樹脂の一体成型になってからスキッドのマウントがフラットになりましたが、初期モデルではマウントの切削加工が必要です。
テールブームは、フレームへの取り付け部分を目一杯伸ばし、(マストセンターというかスワッシュのセンターを優先で目測)ボディ後端はカットする必要があります。
テールモーターはそのままではテールブレード面が合いませんので、スペーサーを作ってやり取り付けビスも代えます。

ボディ自体の仕上がりは良いです。以前アラインから250用のF3C機風ボディーが出ていましたが、同じような仕上がりなので製造元は一緒かもしれません。

専用設計のボディを使うという場合でなければ、こういう事は普通に必要です。

2.jpg
ノーズギアはピアノ線で作り直し、胴体のセンターに合わせました。

脚出たままですが、250なのでそこは割愛。
重量はそこそこ増えますが、重心位置は頭に少しウェイト貼るだけで合いました。

元々M2がダイレクトドライブでもあり、キャビンだけで飛ばすにはオーバーパワーな位の機体なのでパワーは問題ありません。
見た目は、もう少しメインブレードが長く、テールも大きい方が良いのですが、飛行には問題ありません。

自宅でホバリング調整を行い、後日クラブ飛行場にてテスト
3.jpg
4.jpg
5.jpg
(4K動画からの静止画切り出し)

テールローターの効きが少し心配でしたが、この機体が飛べる程度の風では問題はありませんでした。
メインはダイレクトドライブなので極めて静粛ですが、テールローターがブレードの形状や制御の回転変化で少し耳障りなのはM2と一緒です。

上空もスケール機としてはパワーは何も問題無く、ストールターンの上りも余裕です。
舵はいくらでも入るように出来ますので、ループ・ロール程度なら楽勝と思われます。

M2自体、3D機で大きい舵は嘘みたいにスパスパ入る機体なのですが、このサイズの割にホバリングもしっかり座り、送信機の設定をしっかりやってやれば非常に素直に動く優秀な機体です。
ボディに入れると、ホバリングで若干ハンチング出る事がありますが、ホバリングの設定を詰めれば気にならない程度にはなります。

置いていても邪魔になりませんし、上空も素直に良く飛ぶ良い機体になりました。
アリババのサイトでは現在(2021/05/06)見つかりませんが、在庫処分だったのかもしれません。

スバルR1 ブレーキローター交換 [自動車]

プラグコード交換に続き、補機類ベルトとテンショナーも新しくなり、エンジンがすっかり復活したスバルR1ですが、山道を快走中にブレーキに少し違和感が出ました。

それなりの年数を市街地中心に使っているので、それなりの経年変化はありますが、ブレーキがおかしい。
ということで、ディスクローターを触ってみると(表側)右側が偏摩耗が激しく、パッドが綺麗に当たってない様子。

スバルの工場で純正部品で組み直すのが無難でしたが、社外のローターも試してみたくなり、ディクセルのブレーキローター(スリットなど無い普通の)を見つけ、パッドも同時交換でディクセルの物を注文しました。

知人の整備工場で作業してもらおうと思っていましたが、コロナで整備士さん削減ということで作業時間が取れず、整備の要点だけ聞いて、とりあえず自宅で点検することで作業開始。

1.jpg
2輪は、仕事で使うスクーターも大型車もブレーキのメンテは日常的にしています。(手は汚れるのであまりしたくないですが、市街地で使うスクーターはかなり汚れます)
二輪の片持ちキャリパーとは少し構造が違う様ですが、普通の軽自動車のキャリパーなので構造は簡単です。

今まで4輪は整備士さん任せでしたが、キャリパーのボルトがえらく簡単に緩みました。
ホルダーはおそらく新車時から分解されたことはないので、それなりに締まっていましたが、大した事ではありません。
安全のため、ジャッキの奥にウマかませています。

2.jpg
普段見ないローターの裏側はこういう状態でした。ブレーキが利いていたのがおかしいくらいのレベルです。
工場での点検時に、パッドが減っていてパッドだけ交換したこと、ブレーキ清掃時にパッドグリスを過剰に使用され、ブレーキかすや砂塵も巻き込んでパッドの動きがおかしくなっていたことが原因に思えます。
幸いキャリパーの変形はありませんでした。

外したパッドだけ見ていてもこういうことになると勉強。

3.jpg
2輪と違い、パッドはローターホルダー側で支えられ、キャリパーは挟むだけで制動時の力を受けるわけでは無いので、構造は簡単です。
パッドが新しくなった分、ブレーキ液はリザーブに戻りますので、そこも忘れぬよう。
パッドグリスは金属同士の接触面だけに塗ります。
ピストンのダストシールもあり、2輪のようにピストンの側面が露出するわけではないので、無駄にシリコングリス等で保護する必要もありません。

タイヤ外すのが少し面倒なくらいで、大した作業ではありませんので、こまめにメンテするべきなのかもしれません。

4.jpg
組んだ直後は違和感ありましたが、ディスク面にあたりが出始める頃には本来の制動力というか、今まで経験したことがないくらい、気持ちの良い反応をするようになりました。

2輪のディスクローター1枚分もしない費用で、左右のローターとパッドが交換できますので、こまめにメンテした方が良いですね。

スバルR1 プラグコード交換 [自動車]

購入して12年以上経過したスバルR1、仕事にも荷物少ない時の長距離移動にも買い物にも非常に優秀なコンパクトカーです。

先日から加速時に息継ぎの様なショックが出たり少し不調でした。
もしかしてCVTかと思いましたが、異常燃焼の気配もあり、重傷になるまえに広島スバル本社工場で入庫。
担当の営業さんがちょうど工場にいらして、プラグまだ見てない(インタークーラーの配管外さないとプラグ取れない)のでわからないけど、CVTではなくて1気筒おかしいかもと伝えて帰ると、整備の方から正解でしたとの回答。
プラグコードの経年劣化でリークをおこしていて、1気筒かぶっていたとのこと。

他にも、補機のベルトとテンショナーのトラブルも判明し、CVTではなかったこともわかり一安心。

工場で修理の純正部品は頼んでもらいましたが、少し時間かかりそうなので、シリコンのプラグコードを通販で探し、新品プラグと共に入手。

年度末で工場がなかなか空かないので、プラグコードはこちらで換えますとのことで自宅で作業。
ベルトは上から見えない厄介な場所にあるので、広島スバルさんに任せます。

2.jpg
直4のエンジンですが、ヘッドの上にインタークーラーがありますので、インタークーラーへの配管とコネクターを一カ所脱着します。
点火コイルは2組。コイルも今回交換予定でしたが、また入荷していないのでこれは後日広島スバルさんに任せます。

外してしまう前に、コードの結線間違えない様写真撮りつつ作業。

ずっとイリジウムプラグを使っていますが、このエンジンややプラグの消耗が多い様で、けっこう減っていました。
プラグホールが奥なので、プラグ外す前にエアで吹くのは必須。

1.jpg
永井電子のウルトラシリコンケーブルを使いましたが、R1用は無く、同型エンジンを使うプレオ用。
少し取り回しが違うのか、長さがちょっと微妙ですが、ケーブルの取り回し変えつつ収まりました。

テストで回すと、至って静粛にアイドリングし、ふけ上がりは以前よりレスポンス上がり、おとなしめの2輪の4気筒並みになりました。

同時に入手した純正ケーブルは、後々の保険にストックしておきます。

まだまだ乗れます。
コメント(0) 

DJI Pocket2 [カメラ]

DJIのOsmo pocket を使っていました。
当初はそこまで使えないかと思っていましたが、持ち歩きやすいのとメモ程度に動画を撮るには結構便利で重宝しておりました。

社外の三脚座マウントを使い、伸縮の旗竿の先に三脚ネジのマウントを作り、ドローンの飛ばせない場所での撮影などにも重宝しています。

手に馴染んでいましたが、DJIから新しいモデルが出ると聞き予約。
今回からOsmoの名称は消え DJI Pocket2となりました。
慌てて予約したのと、要らない付属品は無駄になるので、本体だけの基本セット。
(Wi-Fiユニットが別売りになりますので、コンボの方がお買い得かもしれません)

1.jpg

初代と並べてみます。カメラのセンサーが大きくなり、ジンバルの周囲が少し変わりました。
最初から底部のアタッチメントに三脚の穴が空いてますので社外のマウントを使わず三脚に固定できます。
レンズがやや広角になり、静止画の解像度が上がりました。
パンやチルトのコントロールノブは最初から付属しています。

初代モデルは保護ケースにストラップを付ける形でしたが、2は本体にストラップが付きます。
ひょいひょい出して使うには凄く安心です。

2.jpg

初期モデル用のWi-Fiアダプターはそのまま使えます。Polar Proのマウントもそのまま使用可能。
これは助かります。

3.jpg

初期モデル用のチルトのコントローラーもそのまま使用可能。
チルトの速度を微妙にコントロールするにはこちらが便利ですが、2になって標準装備となったコントローラーも小刻みに操作することで速度は抑えられます。

この辺の使い回しができるのはありがたいです。

4.jpg
5.jpg

Polar pro の磁石式フィルターはそのまま使えました。少し広角になったので、寄って撮れます。

6.jpg

静止画だと8倍のデジタルズームが使えますが、ここまで拡大するとそれなりです。
ただ、ズームは何かと便利です。

フルサイズ1眼でRonin-Sも使っていますが、何せ重いため、一人で何もかも現場で撮る場合は、少し負担が大きいのです。

挿絵程度のカットだと、Pocket2はけっこう頑張ってくれそうです。

XKのちびカブ ジャイロ搭載 [模型]

XKのちびカブ、前回のテストで気になったところをいくつか改修。
ジャイロも搭載し、受信機も双葉の旧いパーク用受信機から現行のS-FHSS対応の社外受信機に交換。

1.jpg

今回も風が巻き込み、時に急激に上から押さえつけられる状況でしたが、テスト。

前回の飛行の後、ラダーの舵角が少し多め(旋回時のラダーが多いと巻き込む)だったのでホーン側で減らしていましたが、地上滑走で不具合があったため元に戻しました。
発泡機で高翼で上反角もそこそこあり、舵角は少なめにしておいた方が無難ではあります。

水平尾翼の手直しで、前回の頭上げの癖は無くなり、風に対しても少し強くなりました。

小さな超軽量サーボを使っていますが、ジャイロの効果はそこそこあり、感度詰めていくとしっとり飛ぶようにはなりました。
推力は余裕在りますが、速度が出る機体ではないのでやや突っ込ませ気味のループやいいところ。
ストールターンはできますが、ロールはラダーロールになります。
かっちりした機体ではないので、負荷かけると予想外の動きがたまにでます。
穏やかに楽しむ機体です。

付属の500mah2セルのバッテリーで5分ほど飛ばし(水平飛行はほぼハーフ)残量70%でしたので飛行時間は余裕あります。

シビアな目で見ると、カブのスケールとしてはおやおや?な部分も多いですが、飛んでいるとカブに見えます。

上をゆったり真っ直ぐ飛ばすのがけっこう気持ち良い機体となりました。
コメント(0) 

XKのちびカブ [模型]

アリババの通販サイトでよく見かける黄色いカブ。投げ売りされているのか超お手軽な価格で多数出ています。
気になっていたのですが、どうも送信機付属の完成機の様で、ジャイロも内蔵。XKのヘリは一部で双葉のS-FHSS対応なのですが、この機体はどうも違う様子。
モード2ですし、正規輸入品ではないので国内の認証も取っていないですし、なによりおもちゃ送信機で飛ばすのも面白くない。

ちょうど知人も物色していたようですが、良い解決策がないままサイトを見ておりました。

見ているだけではつまらないので、ダメ元で1機購入。
Banggoodよりアリババの方があっさり届きます。

当然ですが、不良在庫処分でバーゲンのようなものなので、箱は角が潰れた状態。
でも格安郵送費であっさり届くのですから文句言うのは筋違いです。

1.jpg
とりあえず開封。

6.jpg
受信機ジャイロユニットと、サーボがコネクターでつながっているのを想像していたら、エレベーター・ラダーのサーボは受信機ユニットの基盤に直付け。サーボアンプも受信機基盤に入っているようで、サーボだけ使うと言うこともできず、この部分は排除。

エレベーター・ラダーはロビンさんの2.2グラムサーボを使うことにします。
エルロンサーボは、コネクターを通常ピッチの物に取り替えて(Yハーネスの受信機側)テストしたところ、正常に動き、ニュートラルもそこそこ出るようなので、エルロンはそのまま。

エルロンが上手い具合にいったので、ESCのコネクターも通常のコネクターに付け替えてつないでみましたが、反応無し。
サーボとコネクターの極性が違うようで、テスターで調べて付け直しても反応無し。

シュリンクチューブもかぶせてないむき出し基盤に怪しいハンダ処理がしてありましたので、手持ちのキャッスルクリエーションのサンダーバード9に交換しました。

2.jpg
エレベーター・ラダーのサーボは1㎜航空ベニヤからサーボマウントを切り出し。

3.jpg
メカハッチのこの付近に接着します。

4.jpg
双葉の旧いパークフライ用受信機を使いました。

5.jpg
なんだかんだと完成。少し手を加える必要はありますが、可愛らしい飛行機です。
カブのスケールではありますが、あくまでも雰囲気優先。

7.jpg
風が荒れた日でしたが、早速テストフライト。
重そうな割に、軽く走って行きあっさり浮きます。当日は風向も頻繁に変わり、飛行場がある方向から強めの風が吹くと風が巻き込む事もあり、かなり翻弄されました。
そこそこ走るのかと思いましたが、癒やし系の飛行でエルロンだけではロールもちと厳しい感じ。
アクロ機ではないので、舵角も抑えめで可愛らしく飛んでもらうことにします。

小さな機体ですが、太いスポンジタイヤと、スプリングが良く効いて着陸のショックもけっこう吸収してくれる脚の効果でラフな着陸も大丈夫です。

飛行中、瞬間的に怪しい動きが出たのが、受信機のせいなのか風のせいなのか微妙なまま帰還。

飛行中の姿勢がややテールが下がり気味(カブはやや上がり気味で飛ぶのが可愛い)のため、水平尾翼の取り付け角をややダウン側に変更しました。

せっかくの機体ですし、このサイズの発泡機なのでころころするのは仕方ないのですが、ついでに3軸ジャイロも搭載。

8.jpg
OKのアルチメイト10で散々使ってきたBigaoleのジャイロを搭載。ついでに受信機も薄型の6CH に交換。
交換といってもあっさり収まるわけもなく、胴体底の一部を切り開き作業進めます。

けっこう厳しいレイアウトですが、なんとか収まりました。

機体を注文したあとで、ハイテックから国内正規認証の同じ機体が発売とアナウンスされました。
できれば双葉の送信機で飛ばしたい、こういう小改造は嫌いではないので、無事完成です。
コメント(0) 

Canon Vt [カメラ]

数年前に亡くなった叔父が生前大事にしていたキャノンのレンジファインダーのカメラが気になっていました。
おそらく使われることも無く、状態もどんどん悪くなることが想像され叔母に相談したところ引き取って欲しいとの事で受領。

1.jpg
ボディと50mm f1.8 と 35mm f2.8 本体ケースと叔父が秘蔵していた100mmは不明。
埃だらけで、以前ヘビースモーカーだった叔父が自室に飾っていたので、表面はタバコのヤニが付着。

2.jpg
60年近く前のレンズですので、50mmの方は後ろから見えないほどカビが増殖。
とりあえず分解し、無理が無い範囲で洗浄していきます。
コーティングも損傷していますが、この程度は最初から想定していました。
中古で出回っているレンズも、状態は似たようなものなので、詰めたことは問いません。

3.jpg
とりあえず洗浄が終了し、動作チェック。露出計内蔵になる以前のモデルなので電池が入って無いお蔭で電池による腐食は無く、細かなパーツも鉄や軽金属を高精度に切削加工したものばかりで、磨けば表面の状態は元に戻ります。
ファインダーや距離計の損傷は仕方在りません。

4.jpg
マイクロフォーサーズのマウントアダプターも入手しましたので、OM-D にもレンズは使えます。

7.jpg
オリンパス E-M1mk2 でのテスト。デジタルカメラに使われようとは思いもしない時代のレンズですが綺麗な仕上がりです。

8.jpg
9.jpg
パナソニック GM-5 でのテスト。 小さなファインダーなのでピント合わせが微妙ですがファインダー内での拡大ができるので使えなくはありません。

14.jpg
GM-5に付けると丁度良い具合です。
レンズ開放でピント合わせ、絞っていって撮影となりますが、高速な移動物体を追いかけるわけではないので、楽しい作業ではあります。

11.jpg
12.jpg
13.jpg
フジのASA100のフィルムでVtで撮影し、大手チェーンの双日仕上げしたものを一般的なフィルムスキャナーで読み込んだもの。
以前の様にフィルムもって行って1時間仕上げでという事にも簡単には行かず、現像液が古くなっていても交換サイクル長かったり、プリント機も精度落ちていたりで意外に難儀します。
何故か昭和ぽい色になります。

5.jpg
連動距離計が油分が粘っているせいか動かないことがあり、軍艦部を開けての整備。
作業マニュアルがないので、ネット上の修理技師の方の映像を参考に何度か試行して分解。

6.jpg
シャッター部は動作正常ですので、他の機械部分は洗浄注油程度なら素人でもできます。
放置されていた年数が年数ですので、良質なオイルを塗布し洗浄して作業完了。
距離計の補正などはできませんが、通常撮影には問題無いところまで復活しました。
上カバー開けたついでに距離計部分のゴミも清掃。

セコニックのセレン式露出計は随分前に購入し、今も動くはずですが、今はスマホのアプリで簡易露出計とかもあります。

10.jpg
諦めていた40㎜のレンズフィルターも、今も旧式カメラ用に市販品があるので、フィルターは新調。
レンズキャップも40.5mmのが使えます。

当時はキャノンもニコンもライカLマウント準拠でしたので、予算があればロシア製も含めてレンズはいろいろあります。当然ライカのレンズも使えます。
予算に限りがありますので、この50㎜と35㎜を時々使ってやりましょう。

私がキャノンのA-1を使い出した頃(40年くらい前)には叔父はこのカメラにフィルムを通すことは無かったのですが、私が小さな頃叔父のところに行くと、これで撮ってくれたモノクロ写真が残っています。

叔父は昭和31年にこれを入手していますが、今の価格で考えるとおそろしく高価な物です。
対米輸出の量産(なのでレンズがフィート表示のみ)とはいえ、現行カメラから見ればハンドメイドのワンオフに近い加工がされ、職人さんが手作業で調整組み立てされていますので、高価なのは仕方ない事でしょう。
レンズの再コーティングなどはできませんが(程度の良い中古を入手する方が早い)、大事に使っていきたいです。
コメント(0) 
前の10件 | -