SSブログ
前の10件 | -

トリシティ155 リアショック交換 [モーターサイクル]

仕事でほぼ毎日乗っているトリシティ155、非常に快適でストレスのない乗り物ですが、純正のリアショックがかなり貧弱です。
当初ZETAのトリシティ155用ショックユニットに交換し乗っていたのですが、強めのスプリングレートと安定した減衰力で旋回性はかなり良かったのですが、荒れた路面で底突きがあったり跳ねたりがありました。元々クローズドコースでの使用が前提の物のようでストロークも50㎜程度しかなく、他に大きな不満もないので乗っておりました。

オーリンズのトリシティ125用は、併用している125で極めて快調で身体への突き上げも少ないのですが、当初155には対応しないとの話があり、ZETAを使っていました。

後に、国内の輸入元からブリーザーの配管を変更すれば装着に問題無いとの話を聞き、仕事でトランクの荷物が衝撃で傷んだこともあり、丁度販売店に在庫があったので交換しました。

2.jpg
1.jpg
純正のブリーザーパイプが丁度ユニットのリザーブタンクと干渉します。
アルミ丸棒からブラインドプラグとニップルを作り、少し下にニップルを付けます。
これで、リザーブタンクとの干渉は解決します。
(雨が入らない様な構造にすれば、ミッションからのブリーザーは大気開放でも良いようです)

3.jpg
ショックユニットを外すにはリアフェンダーを外さねばならず、そこに到るまでパネルを延々と外します。

5.jpg
リザーブタンクの下側にブリーザーパイプが来ますので、ミッションオイルの交換も問題ありません。

4.jpg
ZETAのショックは少し長いものを選択していたのですが、トリシティ用オーリンズだと高さは良い具合になります。バンク角は稼げませんが、足つきがCRF1000と大差無かったので、この方が実用やツーリングには適していると思われます。

NMAX用のオーリンズも考えましたが、専用指定の方が安心ではあります。
スクーターなので、パネルの付け外しの作業はしかたありません。
車体の姿勢も水平になり、シート加工して座面の前傾を減らしていたものが、さらに適切な角度になりました。

トリシティ155 ハザード追加 [モーターサイクル]

仕事に普段の足に非常に快適に使えているトリシティ155ですが、高速道路ものんびりペースなら普通に走れるようになり、高速でもこれはこれでありと思えるようになりました。
LMWの安定性は大型車の後ろの乱気流でも大きく影響します。

高速道路を走行中に前方が渋滞で大きな減速だったり停止の場合、ハザードの点灯が必要ですが無いと少し困ります。

何か無いかと探していると、3端子のハザードスイッチがうられており、入手しました。

1.jpg

ハンドル部のカバーを開け、コントロールスイッチからの6Pのコネクターからウインカーの線を探し(マニュアルにあります)コネクターの手前でウインカースイッチの3本を分岐させます。
ハンダ付けで作業するのが無難と思いますが、後々の酸化のリスクを考慮し、圧着端子で処理し熱収縮チューブで処理しました。
(ハンダ付けの方が良いのかもしれません)

分岐させた3本は、コネクターを介しハザードスイッチにつなぎます。

ネットではヤマハのR6用のコンビネーションスイッチの流用もありましたが、155の様にパーキングブレーキが付いている場合は形状から使えない様です。
(R6用だとコネクターの付け替えは必要ですが、ハザードスイッチも内蔵していますし、使うことはないであろうパッシングスイッチも付いています。)

で、この状態で点滅テストをしてみたところ、4つのバルブが弱々しく光るだけで点滅しません。

原因不明のまま作業を中断し、装着例をネットで探すと、YSP横浜戸塚さんのチャンネルに装着例がありました。
ここで、ウインカーリレーの交換が必要とわかり、デイトナのICタイプのウインカーリレー(2線式)をナップスで購入し、リレーを交換しテストしたところ普通にハザード動作しました。

カチカチという動作音はありませんが、将来的にウインカーのバルブをLEDに交換することも考えるとリレー交換は無駄にはなりません。

2.jpg
ハザードスイッチの取り付け位置でちょっと難儀しましたが(画像の位置よりもう少し下にした方が中でハンドルバーと干渉しません)ごまかし気味で装着。

ハザードランプ無事装着完了です。

トリシティ125ゾロルーフ少し手直し [モーターサイクル]

トリシティ125へFRP工房ゾロさんのルーフキットを装着し、業務で快適に使用していますが、少し気になっていた部分を手直ししました。

2.jpg
ワイパースイッチはゾロさんの指定の場合、樹脂でうまい具合に作られたスイッチマウントをミラーと共締めするようになっていますが、走行中に少し指が届きにくく、1回だけワイパーを動作させたい場合も少し難儀でした。

いろいろ考えた末、防水の押しボタンスイッチを追加することも考えてみましたが、とりあえずスロットルホルダーを開けてみると、そのまま元のスイッチが入る場所があり、ここならグリップ握ったまま右手親指が届くということで、元のスイッチをここに移設しました。
配線も3端子あり、オンオフだけでは無い様でしたので、これが確実です。

1.jpg
ミラーは当初トリシティの純正ミラーをつけていましたが、スクリーンと干渉しない位置にするとけっこう手前に来ます。
手持ちのWR250用のミラーに交換し乗っていたのですが、デイトナの横長のミラーに交換してみたところ、乗車時のミラーの位置も違和感なく、後方視界も十分でした。
カウル本体に取り付けてしまう方法もありますが、強度を考えるとハンドルバーへの固定の方が無難な様です。

ゾロさんのルーフはERP構造で、走行時のガタや異音や音のこもりも少なく、裏面もグラスマットが綺麗にしょりされており、良い品質だと思います。

スクリーンやルーフの縁ゴムのリブの高さが少しすくなく、雨滴が回ってくることがあるので、縁ゴムを現在物色中です。


くまモンキー ASウオタニ点火ユニット [モーターサイクル]

モンキーの点火系装備に関し、ネット動画やSNSなどで山口のASウオタニさんの点火ユニットが好評と聞きモンキーでも効果が良好との話しを聞き入手してみました。

FIモンキーの場合は、専用セットがあり取り付けは容易です。

2.jpg
画像が暗くわかりにくいですが、点火コイルは純正を取り外し、純正コイルのマウントへそのまま固定します。
イグニッションケーブルの端子は予めかしめ加工がしてありますので、長さを合わせ純正プラグキャップと取り替えます。
長さを合わせたらプラグキャップを先に取り付け、ケーブルのねじれに無理が無い様コイル側を差し込むのが無難です。

純正点火コイルに継がっていた2つの平型端子は付属のハーネスにプラスマイナス間違えない様接続し、アース端子はタンク下のアース部分で共締めします。
コイルへの配線はマフラーと近いので接触しないよう処理します。

1.jpg
高電圧化のためのアンプはシートとタンクの間に専用マウントで取り付けます。
シートと接触する場合は角度調整が必要です。
マニュアルには耐熱両面テープでアンプをマウントに貼り付ける様に指示がありましたが、後々タンクを外す作業で少し支障が出そうなので、熱に強いタイプのマジックテープで貼り付け、再利用できるストラップで脱落防止とします。

元々サブコンのコントローラーが付いていたのですが、アンプが熱を持ちやすいとのことで、バッテリーケースの中に納めました。

取り付けは至って簡単です。コイルの取り付けビスのナットが気になる場合はナイロンナットに交換する方が良いかもしれません。

高電圧着火となりますので、プラグギャップを1.2㎜に調整。

エンジンを始動してみると、中速域の拭き上がりがえらくスムースに感じます。
1速でごく低速で走っていきなりスロットル開けても気持ち良く追従します。

僅か88CCでは大きな違いは無いと思っていましたが、意外に良いようです。
しっかり燃焼するようになるので、セッティング少し変わるようですが、実走テストしながらしばらく遊べます。

追記
プラグの焼け具合みながら調整していったところ、装着前より燃調は薄めで良い結果がでました。
高速回転ではあまり違いは無いのですが(88CCなりです)中速域のトルクが明らかに増大し、登坂時に神経質に高回転を維持しなくても普通に(これも88なり)上がるようになりました。
ファイナルを変更しても追従してきそうなくらい中速は良くなっています。

今までトリップが150前後で残量警告が点灯していたものが、170になっても点かず、センサーの故障かと不安になって給油したら実際に燃費が向上し、リッター50越えていました。

後付けパーツですので、故障時の不安はありますが、明らかに良く燃えています。

旧車や古い形式のミニバイクには効果が大きいように思います。


トリシティ125 フロントホイールベアリング交換 [モーターサイクル]

5年乗ったトリシティ125、いろいろな路面で頑張ってくれたのでフロントのホイールベアリングが少しゴリゴリ言い始めていました。

ルーフの取り付けもひと段落し、作業する時間が取れたので自宅にて交換。
ベアリング本体、カラー、スペーサー、オイルシールも交換です。

C243130C-C551-4B3B-AD17-5D10C07E22B7.jpeg
センタースタンドをかけ、フレーム前端の下からジャッキで支えると前輪は浮きます。

オイルシールを取り外し、貫通ドライバーでベアリングを少し動かします。

97DDC82C-2DA5-4673-BBEC-BDD4F0241414.jpeg
ベアリング間のカラーに少し隙間ができたら、ベアリングプラーを噛ませて抜き取ります。

ベアリングのインナーを指で回した位では異常はありませんでしたが、黒くなったグリスがシールからはみ出ていたので損傷が無いというわけではありません。

ホイールのベアリング取り付け部をきれいに洗浄したら組み付け。
カラーには念のためグリス塗布し、オイルシール内側にスーパーゾイルのゴム用グリス塗っておきます。

通販で三爪のフリーサイズのベアリングプラーもありますが(地元のアストロプロダクツの店頭にもありました)コレットできっちり掴む方が無難に思えます。
叩き込みも、ソケットレンチの駒でもいいのですが、ベアリングシールドライバーがあると作業は正確です。

0C299173-8176-440B-9EF0-1CF02FA43C86.jpeg

手は汚れますが、これで前輪も復活です。
フラットダートや林道でも使ったので、ベアリングが不良という訳ではありません。
定期交換パーツです。

トリシティ125 ルーフ装着 [モーターサイクル]

トリシティ155導入時に、それまで乗っていた125へルーフを付けようとお店で相談していたところ、帝都産業製のルーフキットがヤマハから準純正取扱で入手可能と聞き8月中旬にオーダーして頂きました。

しかし、しばらく待っても入荷の見込みが無いという事でオーダーはキャンセル。
(帝都産業の直販ページを見ても12月初旬で未だ入荷未定です)
試しにと、神戸のFRP工房ゾロさんの通販で注文してみると、納期4ヶ月との当初の回答で、年明けになるかと(それでも入手可能なら問題ありません)気長に待っていましたが、12月頭に発送の連絡が入り、やっと入手できました。

取り付けは自分で作業しました。

3.jpg
スクリーンの取り付けとルーフと支柱のマウントは、前側が従来のフレーム側のスクリーンマウントにそのまま固定されます。後ろ側はリアキャリアのマウント穴を利用し、リアボックスを使うか使わないかでマウントプレートが異なりますが、ボックスを使う場合はボックスのマウントプレートに支柱は固定されます。

私の125は、ヤマハの純正テールボックスを使っていたので、ベースマウントの取り付け穴は既に加工してありましたので、そのままボルトオンで仮締めで修正しながら取り付けできます。

この手のFRPパーツは二輪用四輪用含めて、穴位置が適当だったり、型の精度が悪かったり、ゲルコート層がやたらと厚かったり、繊維に対して樹脂量が異様に多かったりという事が多いのですが、FRP工房ゾロさんの製品は、治具で穴開けしているのか非常に精度も良く、ルーフも軽量で良質な模型飛行機のFRPパーツの様な仕上がりで非常に良く出来ています。

大きな加工箇所(大した事ではありませんが)はフロントのカバーに一カ所20㎜程度の穴を空け、ワイパーモーターへのコネクターを通すこと、ハンドルカバー内でワイパーの電源取りだしをすることくらいです。(電源はアクセサリー用コネクターが初期の125には付いていますので、そこから分岐させれば問題ありません)

修正が必要だったのは、ワイパーモーターのマウントの簡易ナットが、マウントの折り曲げ部を干渉するところが一カ所あり、そこの処理(接触部のナットのベースを切断)だけでした。

主な固定はゴムグロメットを使いますので、位置合わせをしながら仮締めして様子見ていけば、かっちり合う部分があります。

スクリーンは大型ですが、ヤマハの純正オプションで以前設定されていた大型スクリーンとサイズは同じくらいですので固定強度は問題ありません。
これまで、ホンダのキャビーナ90やジャイロキャノピーを仕事で使ってきましたが、構造のしっかりした感じは重いポリ樹脂をルーフに使っているこれらよりさらにかっちりした感じで、社外パーツのデメリットはほぼありません。

2.jpg
帝都産業のルーフには、社外でスクリーンとルーフの左右幅を延長するバイザーがあります。(私も同じ会社の製品をジャイロキャノピーで使っています)
FRP工房ゾロさんのルーフにはこれらは取り付けできませんが、ルーフ部分の幅はもう少し広い方が良い感じはありますが、そこそこの幅がありますので、実用上の使い勝手はゾロさんの方が良好に思えます。
走行中は前面からの雨は、気流で左右に流れますし、スクリーンの左右延長部が視界に少し邪魔をする場合があります。

ミラーは、ゾロさんのキットでは純正のハンドルマウントを使います。非常に効果の高い純正ナックルガードはカウルと干渉するので装着できませんが、カウルの整流範囲にグリップが来ますので、問題は無いと思います。
(帝都産業さんのルーフだと、ミラーがボディマウント、ナックルガードは使えるみたいです)

ゾロさんのキットでは、スクリーンの下側に走行風のインテークがあり、スクリーン内側に気流が流れます。このためスクリーン内側の負圧が解消され雨滴の巻き込みも減ります。

1.jpg
完成度は非常に良い感じです。
試走の段階でも、キャビーナ90で感じていたようなルーフの重さがロール方向の動きに少し干渉する感じも無く、LMWの恩恵かもしれません。
(キャビーナ90は画期的でしたが、純正装着のIRC製タイヤが雨天に何故か弱く、操縦性にやや癖はありました)

前2輪のコミューターで屋根があるものはアディバ等にもありますが、日本の雨天での走行では国産ルーフの方が有利な気はします。

ジャイロキャノピーと比較してルーフの前後長もありますので、停車時の後ろからの雨の降り込みも少なそうですし、撥水のウェアで乗ればタンデム走行時でも効果は高そうです。
この車は純正グリップヒーターと社外のシートヒーターを組んでいますので冬場に活躍してくれると思います。

くまモンキー 5速化のその後いろいろ [モーターサイクル]

11月に入り、本業のスケジュールが一杯の季節となりました。

5速化し、いろいろ好調だったくまモンキーですが、オイルポンプの取り付けに不具合があり(原因不明)三瓶遠征の際にシリンダーヘッドにオイルが回らない事態となり、三瓶のGSでオイル補給して緊急モードで帰還しました。

入れてて良かったスーパーゾイル。これ無しでロッカーアームが昔のタイプだったら確実にカムが焼き付いてました。

で、未だに取り付けビスの緩みの原因が不明なままですが、破損箇所を修正し、先日損傷していたロッカーアームのベアリングも、アーム毎交換し、ほぼ完全復調しました。
5速組んだ時から予兆はあったようで、気になっていた箇所もすべて解決し異音も消えました。

と言う状態で、慣らしがてら少し乗って見ると、混合気がまだ薄めの用で、サブコンの設定変更。
エアクリーナーの外部や内部をいろいろ細工しているのですが、おかげさまで社外の乾式エレメント丸出しと同じくらいの吸気抵抗になっていたようです。

中速トルクが少し元気になり、これなら4速のままでも、3速4速がつながるのではというトルクですが、国道での巡航で回転数落とせるので5速が良いのです。

11月滑り込みですが、一応仕様が決まり安心して乗れる様になりました。
最高速度向上を望めばいろいろ方法はありますが、ドラムブレーキを残すのなら、これくらいが無難な様子です。
2速3速で目一杯回して乗っていたのが、8割くらいで変速しても付いてくるようになったので地道に向上しています。

くまモンキー 5速化の続き [モーターサイクル]

少し時間かかりましたが、5速化を終えて慣らし運転兼ねて(作業時の金属ゴミやら初期なじみの金属粉は当然出ますので)片道1時間ほどの散歩。

スプロケットを14:37で組みましたが(うちのはクラッチだけキタコのを使ってますので1次減速は武川の強化クラッチと少し違います)今まで難儀していた上りも、流れが悪かったとはいえ普通に車に余裕で着いて行きます。
最高速は少し落ちるような、元の4速では3速と4速のつながりが悪かったのでまだ微妙な感じ。

良く走ります。旋回進入で、4速から3速に落とした時の ガッコーン という感じはありません。

帰り道にいつもの単車屋さんに行き、カワサキの黄緑の血液と入れ替え(エルフのやつです。小排気量から大排気量まで非常に良い感じで、お店で勧められてから4サイクル車はすべてこれ使ってます)スーパーゾイルも添加。
組んだ時はホンダのG3を入れていましたが、こういう作業したときは一通りオイル回ったら微少なゴミと一緒に入れ替えてます。

少し回り気味だったので、フロントのスプロケットを15枚に交換し試走。
1.jpg
5速化で最高速が上がるわけではなく、3速4速の守備範囲を拡げるのが目的なので、これくらいで良い様です。

目一杯3速で引っ張って4速に入れる必要がなくなりましたし、リズム良く走れます。
ただ、一定時間乗ると変速回数は当然増えますので、純正4速ミッションで、4速のギアだけ少し減速比上げる武川のギヤを使って、スプロケットで合わせていくのも一つの方法かもしれません。

フライホイル側にクランクシャフトのサポートを追加しましたが、高回転が少しスムーズになったようなそうでもないような、振動減ったのは事実です。

武川のTAF5速ミッション、少し慣らしは必要ですが、思っていたほど神経質でも無く、普通に扱えます。

モンキー5速ミッション [モーターサイクル]

長い間懸案だったモンキーの5速クロスミッションを、増税前にという理由で英断し入手致しました。

以前からいつかはと思っていましたが、純正4速ののんびりした走りも悪くないですし、純正だと3速と4速がけっこう離れていて、国道の坂道だと3速で目一杯回しても4速で失速する状況でした。
(このため、3速で丁度国道の流れ邪魔せず坂が上がれる様にスプロケット合わせていました)

ホンダの純正ミッションの信頼性もあり、なかなか導入に到りませんでしたが、作業着手。
武川のTAF5速ミッション(Sツーリング)です。ヘッドも分解するのでガスケットも必要ですし(手持ちあると思って着手したら在庫切れで再度注文し少し中段)クラッチのロックプレートも新品が必要です。
クランクケース分割しますので、強化カムチェーンと武川のチェーンテンショナーも入れてやります。

1.jpg
実車とはいっても、ミニバイクですので小さな模型飛行機用4サイクルガソリンエンジンを触るような気遣いは不要です。
モンキーはAB27の燃料噴射タイプになり、フライホイールの形式が変更になっており、フライホイールプーラーは良く在るモンキーカブ用は使えません。

プーラーも無理矢理こじるのではなく、締め付けてテンションかけて、小さなハンマーで気長に振動与えれば抜けます。

2.jpg
クラッチと一次減速部分と、ミッションのカムの駆動部を外し、ニュートラルスイッチを抜けば、(ヘッド外さないといけませんが)ケースの中はクランクとミッションとスターターシャフトだけです。

ついでにいろいろ掃除。ケース内のギヤの接触部分を指示通りカットし、リューターで仕上げますが、切り粉が飛び散りますので、入念に清掃。うちのFIモンキーではキックスターターのギヤはケース加工無しで当たりませんでした。

こびりついたパッキンを剥がすのが意外に面倒。

3.jpg
日曜大工店にある小さな台に20㎜の穴をあけ作業台にします。地面に置くよりテーブルの上に作業台置けば作業が楽ですが、サンデー(ウイークデー)メカなのでしゃがんで作業。

ミッションを仮組して、ケースに収めます。模型機での作業から比べれば楽ですが、験し組みくり返しちんたら進めます。一気に本締めはしません。
ギヤやスライド部分はスーパーゾイルのスプレーを吹いておきます。

シリンダーとシリンダーヘッドを組み直し(ピストンリングで難儀しましたので、小径のピストンリングコンプレッサーは在った方が作業楽です。でも素人メカが年に何回ピストン入れるか考えると手作業で良いのです。
88ccですので、R100RSの様な強靱な刃物の様なピストンリングではありませんので指先がずたずたになったりもしません。
ヘッドの本締め前に、空キック数回でシリンダーの芯出しはしておきます。

今回、ヘッドの排気ポートの加工も考えましたが、O2センサーがどんと居座っており、これを避けるほど拡大すると、残りの肉厚も気になるため、作業は保留。(今の状態でも10500回転くらいは普通に回ります)(吸気もいろいろ小細工してます)

4.jpg
今回、試しに武川のフライホイル側のクランクシャフトサポートを追加。
軸が出てないとクランクの回転抵抗増えるだけなのですが、フライホイルがえらく外に付きますので気は心。

実際回してみると、高回転の音が気持ち良くなってましたので、サポート在った方が良いかもしれません。

5.jpg
ドリブンスプロケット、ドライブスプロケットも揃い、スプロケットの歯数落ち着くまでチェーンは一番安いノンシールでテストします。

純正の4速と5速ミッションの5速が同じようになるくらいに、暫定でスプロケット合わせます。
後は実走くり返して、ちまちま設定。

試走してみると、社外ミッションで不安だった動作の渋さなどは皆無でした。あたりが出るまでしばらくかかりそうですが、純正の4速から3速に落とした時の急激な変化は無く、気持ち良くギヤ落とせます。

内部のゴミ掃除と、初期なじみまで、ホンダの純正オイルのちょっと良いのを使いますが、初期慣らし終わったら、最近、仕事スクーターからCRF1000まで全部で使っている(くまもんきーにも使ってます)カワサキ純正指定のエルフの黄緑のオイルに入れ替えます。

8インチのミニバイクですが、エンジンの回り方、走り方がホンダらしくて(ほぼ武川ですが)気持ち良いです。

二胡コンサートのご案内 [行事案内]

広島を拠点にして活動されている二胡奏者の姜 暁艶さんのコンサートが中国新聞主催で2020年3月1日に開催されます。

この度は雅楽の東儀秀樹さんをゲストとしてお迎えする予定です。

姜 暁艶さんは数年前から二胡と雅楽器のコラボレーションを試みられています。雅楽器のチューニングは現代楽器とはピッチが違います。雅楽で現代曲をそのまま演奏しては妙な不協和音が出てしまいますが、姜 暁艶さんのアルバム「アニバーサリー」では絶妙なアレンジと、雅楽奏者の高い技量で見事なコラボレーションとなりました。

この度はご自身でも楽器のジャンルを問わず多才な活動をされている東儀秀樹さんをお迎えし、二胡、雅楽、現代洋楽器のコラボレーションとなりました。

席数が限られますので、是非ともお早めにチケットをお求め下さい

200301.jpg

ご参加お待ちしております
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。