So-net無料ブログ作成

トリシティ155 ETC小細工 [モーターサイクル]

トリシティ155の納車時にヤマハの指定のETCアンテナブラケットにアンテナとインジケーターを取り付けていただいていましたが、少し目立つのでアンテナ移設。

1.jpg

ハンドルカバー内はUSB電源の基盤が入っていたりでボツ。フロントのパネルに取り付けとも思いましたが、アンテナを裏返しで取り付けは正常に動作しない。アンテナの上面に両面テープを貼るのは動作不良を起こす、というアドバイスで、どこか設置場所と思っていたところ、フロントパネルの取り付けグロメットの台座とABSユニットの間に空間があり、台座にタッピングビス止めでマウントが作れそうなので作業。
1.5tのアルミですが、角をゆるく曲げているので強度は問題無いと思います。
ベンダーもありますが、バイスに挟んで手で曲げる程度の方が角が丈夫です。

2.jpg
アンテナの幅と台座の幅が同じくらいなのでごく自然な位置になります。振動防止に裏面にクッション材貼っておきました。

ちょうど良い位置なので、最初から樹脂パーツでステーがあっても良い気もしますが、日本国内生産の国内仕様では無いので、このあたりはしかたありません。
画像にはありませんが、ETCユニット本体は、底が開くタイプのユニットをお世話になっているお店の整備士さんが上手い具合にグローブボックスに収めてくれました。
(グローブボックス内の12Vソケットは除去、ここの中でスマホの充電という事は無いと思いますので問題ありません)
ETCがロックを外して蓋が上に開くタイプのものだとグローブボックスには入らない様です。この場合は燃料給油口の横に納める事もできます。(同業の先輩の155はそこに設置)ただし、底が開くタイプのものはサイズ的にシート下の給油口の所には収まりません。
ヤマハの指定はケースに入れてシート下トランクにという事ですが、使い勝手悪くなるのであまり面白くはありません。

3.jpg
動作インジケーターはスタータースイッチの下に両面テープで貼り付け。
走行中に確認出来ますし、ランプの明かりが目に入ることも少なく良い具合です。

書類入れは初期125ではシート裏にマジックテープで袋を貼り付けていました。
後からワイズギアで似たようなものが出ましたが、今回もマジックテープでシート裏に貼り付けです。

155は高速道路でパワフルにとは行きませんが、ノンターボの軽自動車程度以上くらいは走ります。
市街地の移動や仕事で使うには、この車体サイズ以上は大きく感じます。
このまま180とか200のエンジンだったら非常に使い勝手良い様な気もしますが、155が丁度良いのかもしれません。

ヤマハのLMWの直進安定性は、このサイズの車体で高速道路走っても圧倒的です。
ナイケンとか高速凄く楽なんでしょうね。

スクーターのLMWは、前2輪のディスクで止まれるため、市街地でも制動力に凄く余裕があります。
路面電車の軌道での右折でも姿勢乱れにくいですし、荒れたアスファルトでもフロントのグリップが圧倒的に安定しています。(滑らないわけではないですが、挙動が穏やかです。乗らないとわかりません)フラットな砂利道も何ごともなく走れます。
ただ、フラットとは言えない林道では、タイヤ3本分のラインを考えないといけないので、少し難儀しますが、ノーマルのカブ程度には走れます。

慣れると、小径ホイールのスクーターには戻れません。

加工用の純正シートが届いたら、寒くなる前にシートヒーターの加工と座面の前傾の修正をします。

追記
19年モデルからシート高が下がりました。多くの方には良い改良なのですが、身長がそこそこあるものにはけっこう辛かったりします。
初期モデルの125はそこそこシートは高いのですが、うちのはヒーター仕込むついでにさらにシートにあんこ盛りをし、前下がりを修正した形状にして貼り直しています。

18年モデルのシートを純正部品で手配しましたので、これと乗り比べ、どちらか良い方にヒーター追加と前下がり修正をしようと思います。

リアタイヤが大きくなったせいか、標準が硬い硬いマキシスからIRCになったせいなのか、リアサスペンションの貧弱さは実はあまり感じません。
初期125に使っていたオーリンズを移植するかゼータの調整式ダンパーに交換が良いのでしょうけど、125用オーリンズは取り付け寸法が5㎜ほど短く、ただでさえ少ないバンク角にさらに影響しそうな気はします。かといって長くするとせっかくパーキングブレーキ付いてサイドスタンドが使い物になるようになったのに、駐車時の傾斜が変わる気もして、非常に微妙です。

高速道路はノンターボの軽自動車くらいしか走りませんが、慣らし終えたらもう少し負荷かけられるので、現段階でも実用上の問題はありません。1000のツアラーではないので、これでいいのです。
でもシートの問題が解決すると、けっこう長距離も楽かもしれません。



トリシティ155登録 [モーターサイクル]

ヤマハのトリシティ125が丁度5年となりました。この4年は仕事でほぼ毎日走り回っています。

ヤマハからLMWの250が出るという噂があり、秋くらいかと待っていましたが、どうも年内は無いのでは無いかという話しを聞き、同じく業務で使っているホンダのジャイロキャノピーの老朽化もありトリシティ155を8月はじめにオーダー。

155は国内投入前から随分期待していたのですが、125が調子が良く、父の遺品のフォーサイトも併用ということから大型スクーターの増車を考えていました。
しかし、仕事で日常使うとなると、車重200オーバーの大型スクーター(スカイウェイブ650で重いの懲りました。ツーリングには良いのですけど)は現実的ではなく、250もヤマハのX-MAXやホンダの新フォルツァも、排ガス騒音規制前の250スクーターを知っていると重く鈍重で購入に到りませんでした。
市街地での使用がメインなので仕方在りません。フォーサイトも外装復活し快調なのです。

1.jpg
ということで、125にプラス30CCがどうなのか乗って見ないとわからないということで、盆明けに登録。
2.jpg

外見は、ホイールベースが少し伸び、リアタイヤが1インチ大きくなり、1サイズ幅広になり、シート下のパネルのデザインが変わり、パーキングブレーキが付き、整備の度にマフラー外していたリアのブレーキキャリパーが一番後ろになり、シート下トランクが拡大し、日本国内仕様はホイールがつや消し黒になったくらいです。

125の方から社外のスクリーンを移植し、ユーロヤマハのトップケースも移植。
メーターパネルは全く同じです。ABSのインジケーターとエコランプが追加。

乗車姿勢で目で見える範囲は、何も変わらなかったりします。

3.jpg
登録翌日に180キロほど慣らしの下道ツーリングに行ってきました。

初期モデルの125に比べ、ブルーコアエンジンになってタイヤサイズ等が変わり、運動性が少しダルになったという評価が多いのですが、リアタイヤの接地感が良くなったことは大きく、安定性はさらに向上しています。
ノーマルのリアショックではプリロードの調整もできませんので、不満があればDRCのものに交換しても良いのかもしれません。

30ccの違いは、中速域から別物でした。ブルーコアエンジンになり、4バルブになったり省燃費のためのあれこれ変更が加えられ、燃費は2バルブの初期型125に比べ155の方が良好かもしれません。
とはいえ、155ですから250のようなもりもりした速度の乗りはありませんが、実用域では十分余裕があり125とは別物です。
自分でバルブクリアランス合わせるなら2バルブが簡単ですし、パネル外して手をなんとか突っ込めば作業出来ますが、それほど頻繁にするものではありませんし、自分で作業出来なければプロに任せるのが無難です。

当然ですが、同一速度での巡航であれば125より155の方が穏やかに走れ精神的にも楽です。
旋回中の安定感はやはり圧倒的でした。
初期モデルの125に最初に乗った時は、ステアリングのリンケージのガタを何となく感じましたが、身体が慣れているのか、155ではそれは全く感じません。
トリシティはフロントタイヤにほんの僅かトーインが付いています。(非調整)タイヤが新しい時は、ほんの僅かな違和感が出ますが、表面が落ち着けば接地感は通常になります。

帰り道、1区間だけ高速道路に入りましたが、登坂車線キープという事も無く、ノンターボの軽自動車くらいの巡航性能は十分あります。走行安定性が圧倒的ですので、高速道路のストレスは意外に少ない感じでした。(スクリーンはそれなりの高さのものに交換すると良いです)

ホイールがマットブラックというのが好みではないのですが、ホイールの清掃怠るとブレーキかすがこびりつき、洗浄では落ちなくなりますので、黒でも悪くは無いのかもしれません。

ETCは普段お世話になっている単車屋さんの方が頭をひねって、上手い具合に膝前の収納スペースに納めてくれました。中に12Vソケットがありましたが、ミラーホルダーにUSB出力付けますので、ここは12V無くなっても大きな問題ではありません。

シート下の収納スペースは、初期型125より少し広くなりました。
125ではショーエイのJフォース4のXLサイズは入らなかったのが155では普通に入ります。
ヘルメットホルダーも125では未装備でしたので、自分で細工して作って付けていましたが、2つ付きました。日々の業務では凄く重要です。

グリップヒーターはワイズギアの純正品を最初から付けましたが、初期125に使われていたグリップより細くなり、ホンダの専用グリップと変わらない細さとなりヒーター装着時の違和感は皆無です。
(グリップの太さは好みではありますので 念のため)

非常に良い感じです。
シートが2019年モデルから少し低くなりましたが、座面の前方の高さが低めなのは相変わらずですので、後々シートヒーターを追加するときに座面の調整もします。

早く乗り換えれば良かった というのが正直な感想です。
通勤最速でなければとか、交差点ダッシュでは誰にも負けたくないという方には向きませんが、都心部の日常の移動手段や日帰りツーリング用途には意外なポテンシャルがあります。