So-net無料ブログ作成

KSR-2 ゲルザブ [モーターサイクル]

最近オートバイのシートに載せる座布団形式のマットを見かけます。
夏場はメッシュのものがいろいろあるようなのですが、その類で見つけたのが

ゲルザブ

モビルスーツみたいな名前ですが、ゲル状パッドの入った座布団なわけです。
2輪用シートならヤマハ系のシートに採用されているタキテックフォームが臀部鬱血には良いのですが、まともなシート屋さんにオーダーするとそこそこの費用がかかります。
しかもKSR-2の純正シートはけっこう高価。
ゲルパッドをシートに使うのは、自転車のサドルでは全然珍しくないのですけど、2輪用で効果は不明。

という事で見つけたのが、このゲルザブ。シートの上にバンドで固定するものがいろいろ出ており、オフ車の細身で長いシートにも対応してるのがありますが、内装型を発見。
通販店では「このパーツの装着にはカッターが必要です」とありましたが、これはタッカーのことでありましょう。

オーダーして3日くらいで到着。
シートに合わせてカットしても良いようです。手持ちのタッカーが細い針の物だったので、少し大きめの物も購入し作業開始。

1.jpg
画像で見るとどうなのか怪しいのですが、シート表皮を固定している針を後ろ側から抜いて行き、ゲルザブを適当にカットし置いて再度シート表皮を張ってタッカーで固定するだけです。
シート幅が狭いので両端をカットする必要があるかと思いましたが、仕上がるとそんなに違和感はありません。

またがった感じは、今までのいかにも小さなウレタンスポンジという感じは消えてます。

後は実走テストあるのみ。これで尾てい骨周辺の炎症(ノ ̄ー ̄)ノ
が無くなってくれたら、あちこち遠慮無く遠くに行けそうです。

具合良ければリード110にも使ってやりましょう。

このへんの作りは、大昔のホンダゴリラ(10万8000円だったころ)の方が良くできてます。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント